たまの休日

Canon EOS 80D、ミニバス写真、カメラ、時計、音楽・・・とか

ハミルトン「ベンチュラ」 Canon EOS 80Dで撮影

好きな時計を撮ってみた。

 

ハミルトン「ベンチュラ」

 

1957年に発売された、世界初の電池式時計。

デザインは、キャデラックのデザインも手掛けていたリチャード・アービブ。

あのエルヴィスも愛用していたことで知られている。

これは、以前持っていたものがあまりにも酷使し過ぎてボロボロになったので、2000年頃に買いなおした2代目。

レザーベルトがついているのだが、エルヴィスに憧れて蛇腹ベルトに変更。

 

 

f:id:tama-9:20170816230111j:plain

・撮影モード:絞り優先AE

・AFモード:ワンショットAF

・絞り値(F値):F8.0

シャッタースピード::2秒

ISO感度:3200

・ホワイトバランス:オート

・露出補正:-2

 

 

f:id:tama-9:20170816231108j:plain

・撮影モード:絞り優先AE

・AFモード:ワンショットAF

・絞り値(F値):F5.6

シャッタースピード::1/4秒

ISO感度:3200

・ホワイトバランス:オート

・露出補正:-2

 

f:id:tama-9:20170816232029j:plain

・撮影モード:絞り優先AE

・AFモード:ワンショットAF

・絞り値(F値):F5.6

シャッタースピード::1秒

ISO感度:3200

・ホワイトバランス:オート

・露出補正:-2

 

 

<機材>

・カメラ:Canon EOS 80D

・レンズ:Canon EF50mm f1.8 STM

・三脚

 

 

時計の撮影は難しい。。。

ベンチュラのような時計だと映り込みが激しくて、まともに撮影できない。。。

設定もまだよく分からない。

こちらも、花火撮影同様、色々試していきたい。

勉強、勉強。

 

 

手持ち花火 Canon EOS 80Dで撮影

手持ち花火。

 

前回の打ち上げ花火撮影に味をしめて、今回は手持ち花火に挑戦。 


機材は、打ち上げ花火の時と同じ。 

・カメラ:Canon EOS 80D

・レンズ:Canon EFS24mm f2.8 STM

三脚、一脚は使わずに手持ち撮影。

 

絞り値(F値)をF8.0まで絞って撮影。

f:id:tama-9:20170816092507j:plain

・撮影モード:絞り優先AE

・AFモード:ワンショットAF

・測距エリア:1点AF(中央1点)

・絞り値(F値):F8.0

シャッタースピード:1/40秒

ISO感度:640

・ホワイトバランス:オート

・露出補正:+1/3

・ストロボなし

・トリミングのみ

 

これも、絞り値(F値)はF8.0。二本の花火。

f:id:tama-9:20170816093256j:plain

・撮影モード:絞り優先AE

・AFモード:ワンショットAF

・測距エリア:1点AF(中央1点)

・絞り値(F値):F8.0

シャッタースピード:1/40秒

ISO感度:500

・ホワイトバランス:オート

・露出補正:+1/3

・ストロボなし

・トリミングのみ

 

これは、絞り値(F値)をF3.2にして撮影。

f:id:tama-9:20170816093614j:plain

・撮影モード:シャッター速度優先AE

・AFモード:ワンショットAF

・測距エリア:1点AF(中央1点)

・絞り値(F値):F3.2

シャッタースピード:1/125秒

ISO感度:320

・ホワイトバランス:オート

・露出補正:+1/3

・ストロボなし

・トリミングのみ

 

線香花火をF2.8で撮影。

f:id:tama-9:20170816094026j:plain

・撮影モード:シャッター速度優先AE

・AFモード:ワンショットAF

・測距エリア:1点AF(中央1点)

・絞り値(F値):F2.8

シャッタースピード:1/100秒

ISO感度:3200

・ホワイトバランス:オート

・露出補正:+1/3

・ストロボなし

・トリミングのみ

 

 

撮影してみて分かったこと。

・花火手持ち×カメラ手持ちで、ブレに注意が必要。

 特に、線香花火はユラユラしてなかなか難しい。

・絞り値(F値)によって、火花の光具合(ボケ具合)が違う。

 火花をシャープに撮るなら、絞り値(F値)を大きく絞る。

 火花をボケて撮るなら、絞り値(F値)を小さく。

・夜の「暗さ」を写すのは難しい。(明るくなってしまう)

・花火はやっぱり綺麗だなぁ。

 

まだ「これだ」という設定は見つけられていない。

また試してみたい。

やはり、夜の「暗さ」を出したいが、どうすればいいんだろう。。。

勉強、勉強。

 

 

ミニバス写真館14 一眼レフで撮影したミニバスケットボール写真

ミニバス写真

2017練習試合

 

f:id:tama-9:20170814141527j:plain


<画像情報>

・撮影日:2017年7月8日(晴れ)

・カメラ:Canon EOS 80D

・レンズ:Canon EF85mm F1.8 USM

・AFモード:AI SERVO

・測距エリア:ゾーンAF

・撮影モード:シャッター優先AE

シャッタースピード:1/640秒

・絞り値(F値):F2.0

ISO感度:2000(オート)

・ドライブモード:高速連続撮影

・ホワイトバランス:オート

焦点距離:85mm

・撮影位置:以下の通り

f:id:tama-9:20170814141542j:plain

・合焦点:以下の通り

f:id:tama-9:20170814141600j:plain

・画像編集:トリミングのみ

f:id:tama-9:20170814141618j:plain


ミニバス撮影は、難しいけど楽しい!

 

 

 

ミニバス写真館13 一眼レフで撮影したミニバスケットボール写真

ミニバス写真

2017練習試合

 

f:id:tama-9:20170814122204j:plain


<画像情報>

・撮影日:2017年7月8日(晴れ)

・カメラ:Canon EOS 80D

・レンズ:Canon EF85mm F1.8 USM

・AFモード:AI SERVO

・測距エリア:ゾーンAF

・撮影モード:シャッター優先AE

シャッタースピード:1/640秒

・絞り値(F値):F2.0

ISO感度:3200(オート)

・ドライブモード:高速連続撮影

・ホワイトバランス:オート

焦点距離:85mm

・撮影位置:以下の通り

f:id:tama-9:20170814122224j:plain

・合焦点:以下の通り

f:id:tama-9:20170814122432j:plain

・画像編集:トリミングのみ

f:id:tama-9:20170814122302j:plain

 

ミニバス撮影は、難しいけど楽しい!

 

 

 

Canon EOS 80Dで初めて花火の写真を撮影した 2

はじめて花火写真を撮影した日のおまけ。

今回は、合成して少し遊んでみた。

ちなみに、合成など初めてで・・・ 

 

tama9.hateblo.jp

 

 

<機材>

・カメラ:Canon EOS 80D(いつものカメラ)

・レンズ:Canon EFS24mm f2.8 STM

・三脚

・リモコンなし

 

 

<設定>

・撮影モード:バルブモード

・AFモード:マニュアルフォーカス

・絞り値(F値):F11

ISO感度:100

・ホワイトバランス:オート

・ストロボ:なし

 

 

<1つ目>

f:id:tama-9:20170813124130j:plain

・撮影モード:バルブモード

・AFモード:マニュアルフォーカス

・絞り値(F値):F11

ISO感度:100

シャッタースピード:1.5秒

 

 

STAR WARSスター・ウォーズ)のワープシーン」に見えたので、合成してみた。

f:id:tama-9:20170813124508j:plain

少し勢い不足かな(笑)

ミレニアムファルコン号でワープしようとしたら、故障でうまくいかず・・・

ハンソロ「チューイ、修理したんじゃないのか!」的な感じで(苦笑)

 

 

<2つ目>

f:id:tama-9:20170813125335j:plain

・撮影モード:バルブモード

・AFモード:マニュアルフォーカス

・絞り値(F値):F11

ISO感度:100

シャッタースピード:1.7秒

 

f:id:tama-9:20170813125438j:plain

・撮影モード:バルブモード

・AFモード:マニュアルフォーカス

・絞り値(F値):F11

ISO感度:100

シャッタースピード:3.4秒

 

 

二つの花火を一枚の写真にして豪華にしてみたいと思い、やってみた。

f:id:tama-9:20170813125908j:plain

今一つ・・・

もともと選んだ二つの写真に写った花火の質感が違うので、どうしても「作り物」感があるし、どうせならもっと複数を合成させた方がいいのかもしれない。

 

 

合成とか編集といっても、そんなに簡単じゃないとよくわかった(苦笑)

二つの写真を合成した場合の、なじませ方について、勉強したい。

どうすればいいんだろう・・・なかなか難しい。

 

 

ちなみに、(エピソード8)が、2017年12月15日に公開される。

楽しみ過ぎる!

starwars.disney.co.jp

 

夜の東京駅 Canon EOS 80Dで撮影

夜の東京駅。

 

カメラを持っていたので、ふと夜の東京駅で下車。

 

夜景や風景もちゃんと撮影したことがなく、ほぼ初めての撮影。

 

機材は花火撮影の時と同じ。

カメラ:Canon EOS 80D

レンズ:Canon EFS24mm f2.8 STM

 

でも、今回は三脚も一脚もなし。手持ちでの撮影。

 

撮影場所は、全て「KITTE(キッテ)」の6F屋上庭園「KITTEガーデン」。

 

 

 

東京駅周辺は、「旧」と「新」が織りなす美しい未来都市的空間。

素敵です。

f:id:tama-9:20170812102048j:plain

・撮影モード:絞り優先AE

・AFモード:ワンショットAF

・測距エリア:1点AF(中央1点)

・絞り値(F値):F2.8

シャッタースピード:1/25秒

ISO感度:3200

 

 

これは、意図せず、ジオラマ風に撮れてしまった。

f:id:tama-9:20170812102248j:plain

・撮影モード:絞り優先AE

・AFモード:ワンショットAF

・測距エリア:1点AF(中央1点)

・絞り値(F値):F2.8

シャッタースピード:1/20秒

ISO感度:3200

 

 

道路を走る車のヘッドライトの動きを撮影したくて、「バルブモード」で撮影。

流石に手持ちは厳しく、手すりにカメラを載せて撮影。

f:id:tama-9:20170812102309j:plain

・撮影モード:バルブモード

・AFモード:ワンショットAF

・測距エリア:1点AF(中央1点)

・絞り値(F値):F11

シャッタースピード:7.3秒

ISO感度:400

 

 

やはり、夜景撮影には、三脚は必要だなとあらためて。

しかし、持ち運ぶのも大変。畳むと小さくて軽いが、撮影時はちゃん背が高くなる、という都合のよい三脚があればよいが・・・

 

次回は、絞り値を変えて光の光り方がどう変わるか試してみたい。

 

夜景撮影も、ちょっとクセになりそう。

 

 

 

Cliff Richard(クリフ・リチャード)/Shooting Star(シューティング・スター)

好きな音楽。

 

今回は、

Cliff Richard(クリフ・リチャード

f:id:tama-9:20170804225115j:plain

(出典:Wilipedia)

 

ビートルズが出てくるまでの50~60年代イギリスのミュージックシーン席巻したシンガー。

その後も時代時代に合わせたスタイルでヒットを続け、1995年に「ナイト」の称号を与えられた、名実ともにイギリスの国民的歌手

1940年生まれ。

 

イギリスにいた少年は、16歳の頃に、エルヴィスの曲を聴き音楽に目覚めバンドを結成。(当時のシンガーは、だいたいエルヴィスになんらかのきっかけや影響を受けていることが本当に多い。)

 

18歳の時に「Move It(ムーブ・イット)」でデビュー。いきなり全英チャート2位。

それ以降、ヒット曲を量産、映画やミュージカルも主演、大スターに。

ビートルズの出現により人気に陰りも出たようだが、その後復活、ヒット曲を生み、とうとうナイトにまで登り詰めたという、すごい人。

 

自分がクリフ・リチャードを知ったのは、1959年に出した「Dynamite(ダイナマイト)」という曲。50年代~60年代の曲を聴き漁っていた頃に初めて耳にした。

今から思うと、クリフ・リチャードにしては、かなり激しめの曲。

今聴いても、スピード感があってかっこいい。

 

他にも色々好きな曲はあるが、その中で自分が最も好きな一曲

Shooting Star

(シューティング・スター)

f:id:tama-9:20170804231641j:plain

1966年発表。

Cliff Richard & The Shadows Shooting Star From Thunderbirds (HQ Audio)

 

 この曲は、

人気人形劇TV「サンダーバード」の劇場版の挿入歌

サンダーバード」は、1965年~1966年にかけてイギリスで放送された人気TV番組。

日本でも、1966年からNHKで放送していたようだ。

自分は、とにかくサンダーバードが好きで好きで(笑)。

 

サンダーバードとは、元宇宙飛行士で大富豪が息子たちと設立した国際救助隊の活躍を描く人形劇。

f:id:tama-9:20170805000225j:plain

とにかく、出てくるメカがかっこいいし、住んでる孤島「トレーシーアイランド」が基地でそこから飛び立つシーンがしびれる、まるで実写じゃないかと思う程精巧に作られた人形劇で、今観てもわくわくする。

イギリスなので紅茶を入れるシーンなども出てくるが、その場合は、人間の手でポットを持ち紅茶を注ぐのだが、人形と同じ服装、ポットもカップなども人形が使っているものと全く同じデザインにしているなど、そこまでやるか的こだわりがすごい。

サンダーバード」については、いずれ。

 

その劇場版の第一作目である映画「サンダーバード 劇場版」に、クリフ・リチャードが本人役(実際には設定が2065年なので、クリフ・リチャードJrという名前)で出演し歌った曲がこの「Shooting Star(シューティング・スター)」である。

クリフ・リチャード」×「サンダーバード」のコラボって、それだけで十分なのだが、曲自体もポップなノリのよい曲。

チャートを賑わすような曲ではないが、自分の中では一番の曲。

  

一度お試しあれ。

 

なお、「サンダーバード」は、現在スーパー!ドラマTVにて、HD版が放送されている。

f:id:tama-9:20170805000826j:plain

もちろん観ている。

 

 

ミニバス写真館12 一眼レフで撮影したミニバスケットボール写真

ミニバス写真

2017練習試合

女子 ミニバスケットボール 写真 撮影

 
<画像情報>

・撮影日:2017年7月2日(晴れ)

・カメラ:Canon EOS 80D

・レンズ:Canon EF85mm F1.8 USM

・AFモード:AI SERVO

・測距エリア:ゾーンAF

・撮影モード:シャッター優先AE

シャッタースピード:1/500秒

・絞り値(F値):F2.0

ISO感度:1000(オート)

・ドライブモード:高速連続撮影

・ホワイトバランス:オート

焦点距離:85mm

・撮影位置:以下の通り

f:id:tama-9:20170808234608j:plain

・合焦点:なし・・・

f:id:tama-9:20170808234631j:plain

・画像編集:トリミング、明るさ

f:id:tama-9:20170808234650j:plain


ミニバス撮影は、難しいけど楽しい!

 

 

Canon EOS 80Dで初めて花火の写真を撮影した

 はじめて花火写真を撮影した。

 

隣駅の花火大会。

毎年観に行っているが、今年は写真でも撮ってみるかと思い立ち。

いつものCanon EOS 80Dを抱え、人込みはあまり得意ではないし、皆様の邪魔をしてもいけないので、少し離れた人気のない場所から。

 

初めての花火写真。よく分からないまま、以下の機材と設定でやってみた。

 

<機材>

・カメラ:Canon EOS 80D(いつものカメラ)

・レンズ:Canon EFS24mm f2.8 STM(広角だし一番軽いので・・・)

・三脚(さすがに夜だし三脚はいるかなと)

 

<設定>

・撮影モード:バルブモード

・AFモード:マニュアルフォーカス

・絞り値(F値):F11

ISO感度:100

・ホワイトバランス:オート

・ストロボ:なし

 

いつものミニバス撮影とは、当然だが全然違う(笑)。

 

 バルブモードとは、シャッターボタンを押している間ずっとシャッターが開いている、いわゆるずっと写っている、というモード。

花火の一瞬を切り取るのではなく、花火の軌跡を写真に写すために、しばらくシャッターを押し続けて撮影することになる。

 

シャッターボタンを押し続ける時間は、適当。

今回は、よく分からないので、

「ひゅ~っ」と花火が上がっていく途中からシャッターボタンを押し、花火が開いて消えていく手前でシャッターボタンを外す

という感じで撮影してみた。

 

で、撮れた写真はこんな感じ。

 

<花火写真>

 

まずは、花火3つ。

3つ上がる間、ずっとシャッターボタンを押し続け撮影。

f:id:tama-9:20170806081330j:plain

・撮影モード:バルブモード

・AFモード:マニュアルフォーカス

・絞り値(F値):F11

ISO感度:100

シャッタースピード:17.8秒

・編集:トリミング、明るさ補正(明るすぎたのでちょっと暗く)

 

 

これは、花火2つ。

f:id:tama-9:20170807004057j:plain

・撮影モード:バルブモード

・AFモード:マニュアルフォーカス

・絞り値(F値):F11

ISO感度:100

シャッタースピード:6.6秒

・編集:トリミング

 

 

これは、花火1つ。

f:id:tama-9:20170807004213j:plain

・撮影モード:バルブモード

・AFモード:マニュアルフォーカス

・絞り値(F値):F11

ISO感度:100

シャッタースピード:2.6秒

・編集:トリミング

 

 

これも花火1つだが、花火が上がる途中からシャッターボタンを押していた。

f:id:tama-9:20170807004136j:plain

・撮影モード:バルブモード

・AFモード:マニュアルフォーカス

・絞り値(F値):F11

ISO感度:100

シャッタースピード:3.9秒

・編集:トリミング

 

 

 撮影してみて感じたこと。

・三脚は必要

・撮影モード:バルブモード

・絞り値(F値):F11

ISO感度:100

・指だとブレるので、リモコンが欲しい。

 (リモコンないので、今回は指で)

・花火が夜空に上がった感が出るし、上がっていく軌跡も撮影できるので、縦方向でできる限り障害物がない場所からの撮影がいい(当たり前だが、これが一番難しいかも)

 

 

ミニバス撮影も面白いが、花火撮影もなかなか面白い。

ちょっとクセになりそう。 

 

 

ミニバス写真館11 一眼レフで撮影したミニバスケットボール写真

ミニバス写真

2017春季大会

女子 ミニバスケットボール 写真 撮影


<画像情報>

・撮影日:2017年6月11日(晴れ)

・カメラ:Canon EOS 80D

・レンズ:Canon EF85mm F1.8 USM

・AFモード:AI SERVO

・測距エリア:ゾーンAF

・撮影モード:シャッター優先AE

シャッタースピード:1/500秒

・絞り値(F値):F2.0

ISO感度:1250(オート)

・ドライブモード:高速連続撮影

・ホワイトバランス:オート

焦点距離:85mm

・撮影位置:以下の通り

f:id:tama-9:20170805011012j:plain

・合焦点:なし・・・

f:id:tama-9:20170805011045j:plain

・画像編集:トリミングのみ

f:id:tama-9:20170805011102j:plain


ミニバス撮影は、難しいけど楽しい!