たまの休日

Canon EOS 80D、ミニバス写真、カメラ、時計、音楽・・・とか

ミニバス撮影時のCanon EOS 80Dのバッテリーの持ちは? ジェネリック品

ミニバスケットボールを撮影する際のCanon EOS 80Dのバッテリーの持ちはどうなのか。

先日、純正パッテリーの場合の持ちについて書いた。

 

tama9.hateblo.jp

 

今回は、純正ではなく「ジェネリック品」だとどうなのか試してみた。

 

 

<使用バッテリー>

「Powerextra 2個セット キャノン Canon LP-E6/LP-E6N 互換バッテリー」

f:id:tama-9:20170804110109j:plain

Amazoにて購入。2個セット。

なんといっても衝撃の価格。

2個で純正品1個の約1/3程度・・・

使用したのは今回が初めて、当然フル充電。

 

<撮影情報>

・カメラ:Canon EOS 80D

・レンズ:Canon EF85mm F1.8 USM

・ストロボ撮影なし

・試合は3試合

・天気はくもり、気温31℃

・撮影枚数:2,064枚

 

<1枚目>

f:id:tama-9:20170804113232j:plain

・ファイル名:IMG_9905.jpeg

・撮影日時:2017年7月30日 9:40

 

<ラスト>

f:id:tama-9:20170804113409j:plain

・ファイル名:IMG_1970.jpeg

・撮影日時:2017年7月30日 15:31

 

<バッテリー状況>

f:id:tama-9:20170804113706j:plain

・バッテリ状況:満タン(1目盛りも減っていない)

 

ということで、

ジェネリック品であっても、純正品と同様のバッテリーの持ちだった。

そもそも2000枚以上の撮影でも大丈夫なEOS 80Dが凄いのだが、ジェネリック品であっても、1日ミニバスの試合を撮影するのであれば、やはり予備バッテリーは不要

 

 

但し、繰り返し充電にどこまで耐えられるのか、はしばらく使ってみないことには分からない。

それに、ジェネリック品は色んなところのものがあるし、個体差も大きいと思われるので、全てが全て今回のようにいくとは限らないが。

しかし、この価格差なのであれば、複数持っていれば、1個ダメでもまぁいいかという気にもなれる。

 

そもそも、カメラ購入時に添付されるバッテリーがあれば予備バッテリーが不要なのでだが・・・(苦笑)